« 姫新線高速化事業 | トップページ | 廃線跡ウォーク »

おおさか東線乗車記(5)

4回に渡っておおさか東線の乗車記を書いて、北側から順番に高井田中央駅JR河内永和駅JR俊徳道駅JR長瀬駅と各駅を紹介してきました。そもそも、私がおおさか東線に来たのは、もちろん新線開業で乗っていない路線が増えたので乗りに来た(所謂、乗り鉄ですねhappy01。)のもありますが、それよりも地上を走っていた城東貨物線はどうなったのかを見に来たかったのがあります。

おおさか東線の工事中も、切替切り替えしながら貨物線は営業をしていたわけで、JR俊徳道駅すぐ南側、近鉄大阪線のアーチ橋とのクロス付近で単線非電化の線路が地上に降りていました。おおさか東線開業後、この線路がどうなっているのか見てきました。

まずは、分岐部分です。

Bunnki
(↑クリックで大きくなります。)

中心部に渡り線があるのが判るでしょうか?さらにその左側奥に地上に降りていく線路が(良~く見ると)あります。貨物列車はこの線路を通っていました。この線路をJR長瀬付近で撮影したのが下の写真です。

Kamotsu01
(↑クリックで大きくなります。)
Kamotsu02
(↑クリックで大きくなります。)

写真のとおり、「廃線」扱いになっていました。線路敷きに入らないように簡易に虎ロープが張られ、当時あった踏切も既に撤去されていました。道路側から見るとこんな感じです。

Kamotsu03
(↑クリックで大きくなります。)

踏切の×が無いと、線路があるとは思えませんね。しかし、いつ頃廃止になったんでしょうね。せっかく、上部を普通列車、地上を貨物列車が走っている姿を見られると思ったのに…。ショックで、東部市場前側へ分岐する部分を見るのを忘れてしまっていました。地上が廃止になった以上、高架部分で分岐しているはずなんですが…。またの機会に忘れず見ることにします。

次回は、新加美駅です。

|

« 姫新線高速化事業 | トップページ | 廃線跡ウォーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/40851722

この記事へのトラックバック一覧です: おおさか東線乗車記(5):

« 姫新線高速化事業 | トップページ | 廃線跡ウォーク »