« バスガイドが困った! | トップページ | 自動更新が出来ない時の解決方法 »

路面電車(LRT)の今後

日本国内の路面電車(LRT)の今後についての記事が載っていました。Yahoo!iza!

Pa0_0040(←広島のグリーンムーバ。クリックで大きくなります。)

日本では、路面電車とLRTが同じ物として扱われていますが、利便性からすると全く違う物です。ただ、日本は軌道法が大正10年に制定されたままで、軌道法施行令も昭和28年のままと、全く現代の技術・考え方に基づいたものになっていません。まずは、この法律の改正が必要でしょう。

また、国土交通省が地下鉄やモノレール整備に手厚い補助を行っているのも問題です。実整備費は、地べたに整備するLRTが安いに決まっています。一説には1/10程度で済むと言う話も聞いたことがあります。しかし、国からの補助や交付金としての手当てが少ないため、地方自治体は結局整備費のかかる地下鉄建設に走ってしまいがちです。これだと、利用者に易しくない交通機関がますます整備されてしまいます。

結局は、市域や、県域にとらわれない、大きな視点からみて、需要にあった交通システム計画が必要だと思います。富山の事例は市長の判断とトップダウンの命令があってこその成功だと思いますが、なかなかあそこまで判断が出来る人はいないのが現状です。

これからの高齢化社会や都心部の空洞化を鑑みて、国が小手先だけでなく、もう少し本腰を入れた対策が必要な時代になってきたんではないかと思います。その火付け役として富山の事例は、非常によいお手本になったんではないでしょうか。

使えるLRTが国内にももっともっと整備されることを望みます。

|

« バスガイドが困った! | トップページ | 自動更新が出来ない時の解決方法 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/41645444

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車(LRT)の今後:

» 【明解要解】路面電車、減るか増えるか 世界では復活傾向 [news blog]
■環境・高齢化に配慮 欧米諸国では、それまでのクルマ一辺倒を見直して、路面電車を進化させたLRT(次世代型路面電車システム)の開通が相次いでいる。日本では路面電車としては約50年ぶりに開業した富山市の例があるが、既存路線を廃止した地域もある。「環境」と「高齢化」への配慮を重視する世界の潮流に必ずしも乗り切れていない。(特集部 大家俊夫) 低床でお年寄りに優しく、車体も洗練されているLRT。このLRTを走らせる富山ライトレールは大半の路線をJR富山港線から引き継ぎ、平成18年...... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 18時04分

» 国土交通省 東北地方整備局 [休憩]
国土交通省が28日発表した8月の新築住宅着工戸数は、前年同月比43.3%幅減.国土交通省が28日発表した8月の新築住宅着工戸数は、前年同月比43.3%幅減の6万30... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 19時53分

« バスガイドが困った! | トップページ | 自動更新が出来ない時の解決方法 »