« 31年ぶり、福知山支社に新型車両 | トップページ | 近鉄が山陽姫路まで乗り入れへ »

三岐鉄道で脱線事故

本日(7/8)午前7時45分頃、三重県三岐鉄道の東藤原駅構内で新藤原行2両編成の先頭車両が脱線した。iza!三岐鉄道公式ホームページ

幸い、乗客の小学生2名には怪我は無かったようですが、国交省は重大インシデントと見たようで、航空・鉄道事故調査委員会の専門官を派遣して事故調査に当たっています。

この路線は、私は未乗車なんで、よく状況が判らないのですが、構内ポイントで、4軸のうち2軸が脱線とのことです。ん~なんか、神鉄の有馬口駅での連続脱線と似ているような…。あのときは、分機器の番数が小さく、摩耗激しく、車両も輪転機をかけたすぐ後と言うことで、「乗り上がり脱線」が原因とされました。神戸新聞

三岐鉄道は、近鉄北勢線を救済したことで有名になりましたが、今回は、元々の自社線である三岐線での事故です。三岐線は現在、事故区間を含む伊勢治田~東藤原間はバスによる代行輸送で、残りの区間で折り返し運転をしています。詳細は、三岐鉄道公式ホームページを参照してくださ~い。

⇒(7/10追記)7月9日午後7時15分に運転を再開しています。公式ホームページお知らせ

|

« 31年ぶり、福知山支社に新型車両 | トップページ | 近鉄が山陽姫路まで乗り入れへ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/41776125

この記事へのトラックバック一覧です: 三岐鉄道で脱線事故:

« 31年ぶり、福知山支社に新型車両 | トップページ | 近鉄が山陽姫路まで乗り入れへ »