« 救世主ロボットも解体パンチにはかなわず… | トップページ | 木村裕子のフィギア発売! »

阪神なんば線、ダイヤ概要発表

⇒開業時ダイヤについては、こちらの記事

来年3月20日に開業予定の阪神なんば線(西九条~近鉄難波間3.8km)のダイヤ概要が発表されました。時事.com阪神電車お知らせ

大方の予想通り?、三宮~近鉄奈良間を直通する種別は「快速急行」になりました。各停は、尼崎~東花園・近鉄奈良間の運転となります。運転本数は、

快速急行が 平日 朝ラッシュ時 5本/h
昼間時 3本/h
休日 3本/h
各駅停車が 平日 朝ラッシュ時 5本/h
昼間時 3本/h
休日 6本/h

となります。

朝ラッシュ時は現在、三宮は梅田への急行系が12~13本/h、昼間時で特急・直通特急が6本/hで運転されています。私の考えでは、朝ラッシュ時は、さらに増発は厳しいものがあるので、現在の急行あたりが置き換わり、尼崎で始発の梅田行き急行あたりに連絡を取るものと思われます。昼間時は純粋に増発となると思われます。山陽姫路乗り入れ前、特急に続行で快速急行が梅田先着で運転され、三宮~梅田間急行系10本/hの時代がありました。たぶんそのときのダイヤに近い形態になると思われます。ただ、現在6本の内訳が直通特急4本/h、特急2本/hなので、須磨浦公園行きを廃止の上、直通特急も1本/h減らして、現在の6本/hを維持、尼崎~梅田間を急行等に接続、としてくるかもしれません。

各駅停車は、近鉄の各駅停車の半分(休日はすべて)がそのまま尼崎まで延長運転される形でしょう。

所要時間は、三宮~近鉄難波が約40分と、まあまあな線ですね。現在の新快速~御堂筋線とほぼ変わらないですが、運賃の安さと乗り換え無しのメリットを考えると、三宮~ミナミ間の流動は、ほとんど阪神なんば線経由になると思われます。三宮~近鉄奈良間は、約80分とこれも現在の新快速~大和路快速よりやや遅いです。でも開業後すぐには流動が少ないので、あまり影響は無いと思われます。

いよいよ近づいてきた感がありますね。その前に関西では10月19日に京阪中之島線が開業します。10月からの下半期は忙しくなりそうです。

関連記事
阪神なんば線、開業時ダイヤ発表!

|

« 救世主ロボットも解体パンチにはかなわず… | トップページ | 木村裕子のフィギア発売! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/42322598

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神なんば線、ダイヤ概要発表:

« 救世主ロボットも解体パンチにはかなわず… | トップページ | 木村裕子のフィギア発売! »