« 丹波竜とゆゆ | トップページ | 余部鉄橋保存の基本計画案まとまる »

山陽・九州直通新幹線の1号車が完成

2011年(平成23年)の九州新幹線(博多~新八代間)の開業と同時に山陽新幹線と相互乗り入れ予定の新製車両の1号車が完成し、博多総合車両所へ積み出しが行われた。時事通信社iza!神戸新聞

上のリンク先には写真も添えられていますが、記事では「青磁器色」と表現しているものの、写真で見ると一見、0系のオリジナル塗色と同じように見えます。ちょっと青のラインの幅が狭いかな?JR西日本の新幹線車両というと500系を思い浮かべます。そのときは白は使わず、グレー地に青という新幹線の新しい塗色でした。
しかし、今回の新型車両は、伝統的な?白・青の東海道・山陽新幹線色に戻りましたね。直通新幹線だから、行き先表示で判別するんじゃなく、一目で分かるようにしても良かったんじゃないかと思いますが…。

今秋から試験走行も始まるようで、開業まで2年半ですが、あっという間なんでしょうねぇ。新大阪~鹿児島中央が4時間台。西日本の交通地図が大きく変わりそうな予感がします。今から楽しみです。

関連記事:
九州直通新幹線のデザイン決まる

|

« 丹波竜とゆゆ | トップページ | 余部鉄橋保存の基本計画案まとまる »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/42636109

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽・九州直通新幹線の1号車が完成:

« 丹波竜とゆゆ | トップページ | 余部鉄橋保存の基本計画案まとまる »