« 三木鉄道の車両が樽見鉄道に到着 | トップページ | 卓球の試合、セシルオープン »

リニア新幹線、大阪延伸も自己資金で

JR東海の松本社長は、現在自己資金での開業を目指すリニア新幹線の東京~名古屋と同様に、名古屋~大阪間の建設も自己資金で行う構想があることを明らかにした。MSN産経ニュースiza!NIKKEI.NET

2025年(平成37年)の開業を目指して、様々な調査・調整を行っているリニア新幹線の東京~名古屋間。私は、リニア新幹線は東京~大阪が繋がってこそ意味があると思っています。やはり、JR東海としても同様の考え方のようで、少しホッとしました。

記事の通り、会社の体力を考えると、いきなり東京~大阪の建設着手は少々無謀なんでしょうね。でも、東京~名古屋で開通したリニア新幹線と現在の東海道新幹線の2つを今のような黒字の状態で維持できるのでしょうか。

今の整備新幹線と在来線の関係のように、取り残された現在の東海道新幹線から、今のような巨額な利益が生まれるとは考えにくいです。しかもリニアの維持費も加算されてくるわけだし…。そう考えると、本当に大阪まで自己資金で延伸が出来るのかなぁ~と少し不安になってしまいます。

ま、東京~名古屋でも開通しないよりは、開通した方がいいに決まっているので、とりあえずJR東海さんには頑張ってもらわないといけないですね。沿線の自治体は(どっかの海のない大きな県は特に)建設の邪魔をしないようにして欲しいです。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« 三木鉄道の車両が樽見鉄道に到着 | トップページ | 卓球の試合、セシルオープン »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/43405535

この記事へのトラックバック一覧です: リニア新幹線、大阪延伸も自己資金で:

« 三木鉄道の車両が樽見鉄道に到着 | トップページ | 卓球の試合、セシルオープン »