« ひめじ鉄道高架記念検定 | トップページ | 第11回伊丹ホ-プスオ-プン卓球大会 »

ブルートレインが東京駅から消える

じわじわと情報が出ていましたが、2009年(平成21年)春のダイヤ改正の概要が判りました。東京駅発着で唯一残るブルートレイン「富士・はやぶさ」が廃止になるほか、大垣夜行・「ムーンライトながら」も季節列車化されます。asahi.comMSN産経ニュース47news、JR公式リリース(pdf):北海道、東日本東海西日本四国、九州。

これで、東京駅発着の夜行列車は「サンライズ出雲・瀬戸」のみになります。時代の流れとはいえ、寂しいですねぇ。新幹線網が発達してきて、速度・時間勝負では在来線はかなわないですから、寝台列車が生き残るには、トワイライトやカシオペアのような“豪華寝台”の方向へ行くか、サンライズのように全て個室にして、プライベート空間を確保するかしかないんでしょうかねぇ。

私が鉄道好きになったのも、家族旅行で長崎へ「あかつき」に乗って行ったのがきっかけ。それだけに、ブルートレインの廃止は、寂しいですね。

効率化ばかり求めていって、何かは判りませんが、大切なものを忘れてしまっているようで、ちょっと怖いです。

関連記事
 ・東京発着ブルートレイン全廃
 ・鉄道から骨髄移植まで: 東京発ブルートレイン引退へ
 ・さよなら寝台列車
 ・最後の昼行急行「つやま」廃止へ


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« ひめじ鉄道高架記念検定 | トップページ | 第11回伊丹ホ-プスオ-プン卓球大会 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/43463176

この記事へのトラックバック一覧です: ブルートレインが東京駅から消える:

« ひめじ鉄道高架記念検定 | トップページ | 第11回伊丹ホ-プスオ-プン卓球大会 »