« 私鉄時刻表西日本版~09年春号 | トップページ | 阪神なんば線、やっと乗ってきましたぁ »

特急「はまかぜ」への新型車両導入発表

P3080004_2 兵庫県内各地を結んだり、冬のカニシーズンの「かにカニエクスプレス」として活躍している、特急「はまかぜ」ですが、新型車両を導入する発表がありました。神戸新聞マイコミジャーナルJR西日本

車令40年近くになる181系を頑なに使い続けてきた特急「はまかぜ」ですが、余部鉄橋架け替え工事が完成するのを機に車両のてこ入れを行うことになりました。沿線の高速化も「JR山陰本線・播但線輸送改善事業」として、JRと兵庫県、沿線市町が費用負担して行われます。

Hyogoh21yosan002 Hyogoh21yosan002
↑平成21年兵庫県予算書から抜粋(クリックで大きくなります)

この「はまかぜ」には、一時、仕事で週3回ペースで乗っていた時期もありました。最後の国鉄車両特急という感じをにじみ出しています。その時期は、良くこんな車両で特急料金を取っているなぁ~と思っていました。でも無くなるとなると寂しいですよね。JRのプレス資料では、「お客様の視点に立ち」、

○誰もが使いやすい車両
・ 急病のお客様や、授乳など幅広くご利用いただける多目的室を設けます。
・ 車イス対応トイレを設置し、誰もが快適にご利用いただけるよう配慮します。
・ 客室内にLED式の車内表示器を設けます。
○快適な車両
・ 全席禁煙とし、車内空間の快適性をさらに高めます。
・ 座席の間隔を広げ、足元のスペースを広げます。
・ 各車両最前部・最後部席にモバイル用コンセントを設けます。

と書いていますが、こんなん、今では常識のものばっかりやん(^_^;と思いましたね。こんな事すら、今走っている181系には出来ていないわけです。でも、この車両があるおかげで、この特急「はまかぜ」が生き残れたような気もします。

気になる形式名ですが、今回発表がなかったものの、キハ187系とは、フォルムもコンセプトも違うことから、違う新形式が振られると思います。

さらに、注目されていた沿線自治体からの車両への補助金が無いことから、修学旅行臨など、現在181系が使われているのと同じように使用されて、JR各線に入るんでしょうね。

しかし、あの茜色、ちょっと趣味悪な感じがしますが、みなさん、いかがですか?


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« 私鉄時刻表西日本版~09年春号 | トップページ | 阪神なんば線、やっと乗ってきましたぁ »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/44490298

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「はまかぜ」への新型車両導入発表:

» 「はまかぜ」新型車両に置き換え [かにうさぎの部屋]
JR西日本は、大阪-鳥取を播但線経由で結ぶ「はまかぜ」に投入する新型車両の概要を [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 18時37分

« 私鉄時刻表西日本版~09年春号 | トップページ | 阪神なんば線、やっと乗ってきましたぁ »