« ホームドア設置義務づけへ | トップページ | 「鉄子の部屋」拡張オープン! »

門司港トロッコ列車「やまぎんレトロライン」開業

やまぎんレトロライン
特定目的鉄道第1号の門司港トロッコ列車「やまぎんレトロライン」が4月26日開業した。yomiurionlineyomiurionline西日本新聞西日本新聞毎日.jp47NEWS

北九州市が観光地として整備している門司港レトロ地区の目玉として、休止していた貨物線を再整備。2000年3月の鉄道事業法改正によって新設された特定目的鉄道の第1号として開業しました。延長約2kmを時速15kmで走行、約10分で結ぶ。観光目的に特化した鉄道で、年間約130日、基本的に土日祝日の運行となります。

初日の26日は、臨時列車も運行される盛況ぶりで、これからの観光シーズンを前に一層の盛り上がりが期待されます。

特定目的鉄道の制定から9年かかってようやく最初の事業者が開業しました。鉄道ブームもあって、盛り上がりを見せていますが、維持できるだけの乗客を、長期間確保できるのかが最大の難関でしょう。
このレトロラインや、時期開業候補と見られる碓氷峠鉄道文化むらは、既存路線があったため、初期投資を大幅に抑えることが出来ましたが、やはり新規路線開拓となると、富士山などでは、その動きもあるようですが、莫大な事業費がネックになって、難しいんでしょうね。せっかく導入を容易にする法律が制定されたんですから、最大限有効に使って欲しいものです。

■関連記事
  ・門司港レトロラインに車両搬入
  ・富士山に鉄道敷設は否定的


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« ホームドア設置義務づけへ | トップページ | 「鉄子の部屋」拡張オープン! »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/44816722

この記事へのトラックバック一覧です: 門司港トロッコ列車「やまぎんレトロライン」開業:

« ホームドア設置義務づけへ | トップページ | 「鉄子の部屋」拡張オープン! »