« 新幹線とSLが並行運転! | トップページ | 秘境駅日めくりカレンダー »

東海道新幹線が330km/h運転を検討

現在270km/hで運転している東海道新幹線ですが、2011年後半を目処に330km/hでの運転を検討していることが判った。NIKKEI.NET

330km/h運転と言っても、全線ではなく、京都~米原間の直線が長い区間や、始発・最終などの列車間隔の空いている時間帯で実施する模様。車両は最新のN700系を限定使用する模様。

リニアの計画を進めていると言っても、開業目標が2025年ですからねぇ。それまでは、東海道新幹線に頑張ってもらわないといけないわけです。東海道新幹線は最初に開業した新幹線で築堤区間やカーブなども多く、速度アップには向かない路線でしたが、毎日の維持管理や、築堤の強度アップ、地震対策など、レベルアップ工事に取り組んだ結果、330km/h運転が可能になったと思われます。
お盆前に静岡の地震で、東名高速が築堤が崩れ、長期間通行規制がかかりましたが、ほぼ同箇所を通る、東海道新幹線は無傷でした。普段はあまり目に付きませんが、日々のメンテナンスのレベルが、こういったときに差が付きます。
振動・騒音などの環境対策も気になりますが、0系から相当軽量化しているN700系なら十分可能な速度と思います。これによって、東京~新大阪がどの程度時間短縮するのか楽しみですね。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« 新幹線とSLが並行運転! | トップページ | 秘境駅日めくりカレンダー »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/46965960

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線が330km/h運転を検討:

« 新幹線とSLが並行運転! | トップページ | 秘境駅日めくりカレンダー »