« KTR、お客の降車駅まで車を陸送 | トップページ | 余部鉄橋の記念切手発売 »

台風で廃止の高千穂鉄道が復活!?

宿泊施設車両 2005年(平成17年)の台風14号の被害を受け、廃止に追い込まれた高千穂鉄道ですが、残っていた車両が簡易宿泊施設としてオープンし、「復活」を果たす。yomiurionline

この施設は、旧日之影温泉駅構内に町が設置したもので、車両には、運転席や計器類などがそのまま残されており、往時を忍ぶことが出来る。宿泊は4人用の1泊1万円~1人用の1泊3500円が用意されている。

同構内には足湯も新設され、高千穂鉄道の雰囲気を味わいたい人の宿泊を待っている。

問い合わせは、「列車の宿有限責任者事業組合」(0982-87-2600)まで。

写真を見てびっくり。本当に当時の列車そのままですね。今にも走り出しそうです。車両なので、たぶん水回りの施設がないんでしょうが、1泊程度なら、こんなところで、走っていた当時を思い出しながら更けるのも良いかも。列車がなくなってしまったので、日之影温泉までなかなか行きにくくなりましたが、機会を行ってみたいです。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« KTR、お客の降車駅まで車を陸送 | トップページ | 余部鉄橋の記念切手発売 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/48155186

この記事へのトラックバック一覧です: 台風で廃止の高千穂鉄道が復活!?:

» 運転士気分でTR出発進行 操縦体験にファン興奮 [ローカルニュースの旅]
高千穂駅で高千穂鉄道(TR)車両を使った運転体験イベントが開かれている。県内外から駆け付けた鉄道ファンらは興奮した様子でハンドルを握り、構内の区間約900メートルで車両を走らせている。イベントは21日まで。... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 10時23分

« KTR、お客の降車駅まで車を陸送 | トップページ | 余部鉄橋の記念切手発売 »