« 鉄橋を未来に語り継ぐ集い | トップページ | 鉄道ツアーが続々 »

近鉄が2012年春ダイヤ改正で減便へ

P3280024近鉄は2012年(平成24年)3月、京都駅のホーム増設工事終了にあわせて、白紙ダイヤ改正に踏み切る。列車種別の整理や、最終の繰り上げなど、減便も含め利用実態に応じたダイヤ改正になる。日本経済新聞

ダイヤ改正は、運転本数削減が柱で、現在、特急、区間快速、急行、快速急行、準急、区間準急、普通の7しゅるいに分かれている列車種別の整理や、停車駅の見直しを行う。また、終電時間の繰り上げも検討中とのこと。また、輸送力減を補うため、編成両数を増やすことで影響を最小限にしたい考え。
結果、50億円程度の経費節減を目指す。

地方ローカル線だけでなく、都心部でも沿線人口減少が止まらず、JR西日本のアーバンネットワークでは、一足先に平成18年のダイヤ改正で、福知山線脱線事故を教訓とした「余裕ダイヤ」と称して、大幅な減便を行ったが、私鉄最大手の近鉄も追随する見込み。
会社側としては、利用者減になると、列車本数減は当たり前の話ですが、一度便利になったものを、また昔のように不便なダイヤに戻されるのは、利用者離れを招きかねないですね。特に近鉄は、競合路線が無い区間も多いですから、影響は小さくないと思います。
この流れが、私鉄各線に拡がっていくんでしょうか…。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« 鉄橋を未来に語り継ぐ集い | トップページ | 鉄道ツアーが続々 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/48855038

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄が2012年春ダイヤ改正で減便へ:

» 近鉄がダイヤ抜本改正(12年3月) [かにうさぎの部屋]
近畿日本鉄道は2012年3月に抜本的なダイヤ改正を実施する。特急・快速駅の見直し [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 20時48分

« 鉄橋を未来に語り継ぐ集い | トップページ | 鉄道ツアーが続々 »