« グルーポンで格安の中華フルコースを食べてきた | トップページ | 神鉄粟生線は大丈夫か?地域公共交通活性化補助打切り »

目指せ!乗客300万人。姫新線社会実験。

姫新線が今年3月に高速化され、新型車両も走り出した。同時に“社会実験”として増便を行っており、沿線では、乗客を増やそうと様々な手で利用促進策が行われている。神戸新聞

姫路からたつの市、佐用町と西播磨地域の内陸部を通るJR姫新線。ピーク時には鳥取方面への急行も運転されていたが、現在はローカル輸送のみ。利用者は減少の一途をたどり、高速化前は年間237万人。これを2年間の社会実験で、300万人まで増加させる。達成できないと、列車本数は元に戻ってしまう。

高速化で5%ほど乗客は増えているようですが、これからが問題でしょうね。車社会になった生活習慣をどこまで見直せるか。あとは、増発だけではなく、せめて本竜野まではICOCAの範囲に入れるとか、新快速とホームtoホームで乗り換えができるとかのサービスが要るんじゃないでしょうか。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

|

« グルーポンで格安の中華フルコースを食べてきた | トップページ | 神鉄粟生線は大丈夫か?地域公共交通活性化補助打切り »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

行政」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/49954887

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ!乗客300万人。姫新線社会実験。:

» 姫新線利用促進策 [かにうさぎの部屋]
姫新線沿線自治体では、利用者数年間300万人(現行237万人程度)に増やすべく、 [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 09時41分

« グルーポンで格安の中華フルコースを食べてきた | トップページ | 神鉄粟生線は大丈夫か?地域公共交通活性化補助打切り »