« 今月の時刻表~'12年3月号 | トップページ | 神鉄粟生線減便へ »

ICカード普及の影

鉄道系ICカードがどんどん便利になって、普及していく影で、こんな記事がありました。

イコカ普及で切符販売困った(中国新聞)

切符販売の手数料収入に頼ってきた、障害者通所施設がイコカ普及に伴って、切符の販売額が減少し、事業撤退せざるを得ない状況が書かれています。
解決方法はいずれもお金のかかることで、今すぐ対応できるものはなさそうです。

技術の革新に、便利だと飛びついてしまうのも人間の性ですが、こういった問題を含んでいると言うことを、今一度認識しておく必要があるのかも知れません。

■こんな記事も


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!



|

« 今月の時刻表~'12年3月号 | トップページ | 神鉄粟生線減便へ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/54179067

この記事へのトラックバック一覧です: ICカード普及の影:

» 「ICOCA」普及で障害者作業所ピンチ [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 呉線の新広駅は無人駅ですが、駅舎に障害者通所施設(作業所)があり、そこが開業時 [続きを読む]

受信: 2012年3月26日 (月) 05時36分

« 今月の時刻表~'12年3月号 | トップページ | 神鉄粟生線減便へ »