« ICカード普及の影 | トップページ | JR岩泉線が廃線へ »

神鉄粟生線減便へ

P1260058赤字に苦しむ神戸電鉄粟生線が、5月からのダイヤ改正で、志染~粟生間で大幅に減便することがわかった。神戸新聞神戸電鉄(pdf)

年間10億円を超える赤字が発生し、存続の危機に陥っていた神戸電鉄粟生線ですが、この4月から、兵庫県、沿線市から無利子融資を受けて、とりあえずの延命が決まったところです。その条件として、経費削減が謳われており、いきなり「減便」による経費削減をはかることになりました。

確かに、日中4本/時は過剰供給でしょうが、いきなり1本/時は削りすぎでしょう。JRを始め、他社も最近は輸送量の減少に伴い、減便ダイヤ改正を行っていますが、ここまで極端に削ると、利用者に「不便さ」を植え付けてしまうだけではないでしょうか。なんか、廃止に向けた負のスパイラルに陥ってしまうようで…。

減便にしても、せめて3本/時くらいにとどめられなかったんでしょうかねぇ。

■こんな記事も


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!




|

« ICカード普及の影 | トップページ | JR岩泉線が廃線へ »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

神鉄粟生線の2月の活性化協議会主催のシンポ行きましたが、神鉄の態度に批判が多かったと思いますが、全く反省していないようです。減便や駅トイレ撤去は、まさに自殺行為という声が多かったと感じましたが・・・・・

投稿: 松本勝雄 | 2012年4月29日 (日) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/54269283

この記事へのトラックバック一覧です: 神鉄粟生線減便へ:

» 【神戸電鉄】粟生線運行本数大幅削減 [かにうさぎの部屋]
神戸電鉄では、5月中旬にダイヤ改正を行う。全般的に、運行本数の削減、終電の繰上げ・始発の繰下げなど、減量色の強い内容である。 中でも、存廃論議が高まっている粟生線については、日中の運転本数が大幅に減少。志染以西では、現行毎時2-4本程度の運転本数が毎時…... [続きを読む]

受信: 2012年3月29日 (木) 21時09分

» 神戸電鉄、昼間時間帯の志染以遠を1時間1本に [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 兵庫県などによる無利子融資により、なんとか当面存続することになった神戸電鉄粟生 [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 06時51分

« ICカード普及の影 | トップページ | JR岩泉線が廃線へ »