« 四国くるりきっぷの旅 1日目(2) | トップページ | 四国くるりきっぷの旅 2日目(2) »

2017年7月 9日 (日)

四国くるりきっぷの旅 2日目(1)

四国くるりきっぷの旅、2日目になりました。

1日目の様子は、1日目(1)1日目(2)をご覧ください。
2日目行程
高知のホテルには、朝食がついていました。少しですが、こういうサービスありがたいですよね。
さ、今回の旅の一番の目的、「青春18きっぷ」ポスター紀行が行われている高知県立文学館に向かいます。
ホテルの朝食 とさでん
ホテルの最寄り駅からとさでんに乗り、はりまや橋で乗り換え。はりまや橋は乗り継ぎして駅になっており、運賃を払うと乗り継ぎ券を手際よく運転手さんが配っていました。そして高知城前で降りて小雨の中歩くこと4~5分で高知県立文学館に到着しました。
高知県立文学館
残念ながら展示室は撮影不可だったので、写真はありませんが、70枚のパネルを展示するのは工夫がいるようで、一部天井から吊したりしていました。入り口にはJRの制服を着て子供がなりきりで写真を撮れるコーナーもありました。
青春18きっぷポスター紀行 青春18きっぷポスター紀行
左は、入り口に飾られていたポスターですが、やっぱりこの構図は撮影できなですね。右は、5月に奈良で行われた際の写真です。こんな感じでポスターと解説が並べられていました。
たっぷり時間を取っていたので、ゆっくり堪能できました。しかし、そろそろ高知駅へ向かいます。途中、高知の観光名所「ひろめ市場」に立ち寄り。まだ午前中ですが、中のテーブルではもう酒盛りでできあがってる人が多数。良いなぁ。
雨もほぼやんで傘がいらないほどになったので、帰りは歩いて高知駅へ。高知駅前では、3体の銅像がお迎えです。
ひろめ市場 高知駅前銅像
昨夜は暗くて全容が撮影できなかった高知駅です。
高知駅
高架前の駅を知らないのですが、ドーム屋根が特徴で、ホームも2面4線とすっきりとした印象の駅です。
乗車する南風14号が車庫のある薊野方面からやってきました。
特急南風
3両編成で来た2000系です。これで阿波池田駅まで乗車します。6割程度の乗車率で発車。やはり特急は早くて良いですね。18きっぷで来ていたら、高知駅を1時間半早く発車しないといけません。
1時間あまりで阿波池田駅に到着です。
阿波池田駅
降りたのは初めてで、3面5線のなかなか大きな駅でした。事実上、徳島線も分岐するし交通の要衝という感じですね。
ここから多度津行きの各駅停車に乗車。1000系の単行ワンマンです。
1000系
乗客は私を含めて2人だけ。ほぼ貸切ですね。今日の目的の2番目。駅で3つめ、坪尻駅を目指します。
この区間、吉野川と急峻な地形に阻まれて、大きく迂回しているんですよね。阿波池田~佃間を走っていると、吉野川の対岸にこれから走る線路施設の法面とかが見えます。吉野川を鉄橋で渡り、箸蔵駅を過ぎいくつかトンネルを抜けると、右手に一段高い路盤が見えてきました。坪尻駅に到着しました。
坪尻駅
坪尻駅は、かの有名な秘境駅。下車は当然私1人でした。降りるとき運転手さんに軽く驚かれましたし(笑)。
まずは、乗ってきた多度津行きをお見送りです。

到着時には、小雨が降っていましたが、すぐに止み、晴れ間も見えてくる天候に。
さぁ、周囲を探検!と思って駅舎を出ると、まず目に飛び込んでくるのは「マムシ注意」の看板!本当に駅前か?と思いますが、間違いなく駅前です。出て右にけもの道らしいものがありますが、草が濡れていて進めません。
坪尻駅前 坪尻駅前
ホームに戻って探索を続けます。ホームは緩くカーブになっています。駅舎と乗降位置は結構離れています。通過線は一段高くなっています。
坪尻駅ホーム 坪尻駅ホーム
さらに探検を~と思っても、もう余り見るところもありません。と、阿波池田方向に踏切があるじゃないですか。常に遮断竿が閉まっていて、通るときだけ手動で開ける方式です。渡って、右側山の中に道が続いていました。少し行くと、昔雑貨商だったという、口当てた建物の残骸が。その先道がつづらに折れているところからは、川の水の音が聞こえていました。
坪尻踏切 坪尻駅周辺
駅から徒歩1分でこの風景です。後で調べたら、この道をずんずん歩くと国道に通じているようです。
最後に駅舎の中を探検です。旅ノートもたくさんあり、私も記してきました。驚くのは同じに付けですでに書かれた人がいたこと。早朝10分程度止まる列車があるので、それでおとずれたのかな?
駅の時刻表には、通過列車の時刻が書かれたものもありました。通常の時刻表には「四国まんなか千年ものがたり」の運転停車の時刻も。他に、坪尻駅の生い立ちが書かれた掲示物も。
坪尻駅 坪尻駅
1時間ほどの滞在時間もあっという間。悔やむべきは、通過する特急を動画で撮影しようとビデオを構えていたのに、機器不良でとれていなかったこと。2回もチャンスあったのに…。
乗る列車がやってきました。これに乗らないと、2時間置いてきぼり…。
長くなったので、2日目(2)に続きます…。

1日目(2) 1日目(1) 1日目(2)  2日目(2) 3日目(1) 2日目(2)


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!


« 四国くるりきっぷの旅 1日目(2) | トップページ | 四国くるりきっぷの旅 2日目(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時刻表」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221631/65512740

この記事へのトラックバック一覧です: 四国くるりきっぷの旅 2日目(1):

« 四国くるりきっぷの旅 1日目(2) | トップページ | 四国くるりきっぷの旅 2日目(2) »

シリーズ記事

  • 今月の時刻表
    2008年
         
         
    2009年
         
         
    2010年
         
         
    2011年
          
         
    2012年
         
         
    2013年
         
         
    2014年
         
         
  • ハンディカムの新製品比較
       
     
  • おおさか東線乗車記
       
      
  • 井原鉄道訪問記
       

あまるべ

  • 新旧余部橋梁見学会
    余部鉄橋が最後のライトアップをされたので、ちょっくら撮影に行ってきました。 いっぱい見たい場合は、http://www.geocities.jp/da_soku/amarube/ で見てください。
無料ブログはココログ

ブログ内検索

最近のトラックバック