ペット

大型犬に襲われる

Leo01 昨年12月、我が家に新しい家族がやってきました。

「レオ」君です。

7月生まれで、柴犬にしてはおとなしく、こども達も喜んでいます。

そのレオ君に、災難が襲ってきました。

週末に近所を散歩中、大型犬(ラブラドール)とすれ違ったんです。犬同士なのでお互い気になるのは仕方ないですけど、飼い主がリードを引っ張って、近づかないようにしてすれ違ったんです。通り過ぎて程なく、後ろから「ワンワン!」と大きな鳴き声が!

すると、さっきすれ違った大型犬が、なんとレオに襲いかかってきたんです!!!

後で聞くと、その大型犬(ラブラドール)は35kgも体重がありました。うちのレオはまだ7kgです。5倍もの体重差ありました。

お互い、もみくちゃになってしまいましたが、何とか切り離しに成功しました。

向こうの大型犬は、離されるとどこ吹く風で落ち着いています。しかし、レオは興奮冷めやらず、しばらくの間吠えていました。でも抱っこ好きなのが幸いして、すぐに抱っこしてやると、しばらくして落ち着きを取り戻しました。

怪我は…と見回しましたが、特に外傷は見あたりませんでした。しかし、抱っこから降ろしても歩こうとしません。左前足を触ると、痛そうに鳴きます。

相手の飼い主も、病院に行きましょう、と言うことで、抱っこしたまま近くの病院に行きました。

触診やレントゲンを撮ってもらったりしましたが、骨は折れては無い様子。でも左前足を痛そうにして、内出血なのか、かなり腫れてきて普通に歩けない状態でした。

獣医の先生からは、今日より明日の方が症状が出てくる場合もあるので、今日の所は抗生剤の注射をして、薬を飲ませて様子を見ましょう、と言うことになりました。噛まれた場合、やはり飼い犬でも口の中は汚いので、そのバイ菌による感染症が怖いそうです。

今回は、非常に責任感のある飼い主さんだったので、病院までとんとん拍子にいって、診察代金も全部相手持ちで(もちろんですが…)診てもらいました。自分に置き換えた場合、判っててもなかなか出来ないなぁ、と考えさせられました。

レオ君ですが、1週間程度は抱っこで散歩してください、と獣医の先生に言われてたんですが、次の日の朝、抱っこで外に出て、おしっこポイントで降ろしてやると、おしっこを普通にした後、いつも通りリードを引っ張って、散歩に行きました。まだ少し痛そうにしていますが、通常通り散歩は出来るようです。

まぁ、しかし、すごい経験をさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)