映画・テレビ

八日目の蝉

八日目の蝉i今日は、珍しく映画の話題です。

井上真央と永作博美のWキャストで話題の「八日目の蟬」を見てきました。

自分は小説は読んだこと無かったんですが、このキャストと、公式HPのFlashをみて、面白そうだなぁとピンと来ました。

この手の作品は、不倫のドロドロしたところを取り上げがちですが、この作品は、そういったところはさらっと流して、誘拐犯に生後から4年間、本当の親子のように育てられた子どもと、その後、生家に戻った後の親子関係の苦労が描かれています。

見ていて、万が一こんな事件が起きたら、確かにこうなるよなぁと思いました。4歳まで母親同然に育てられた人が、突然母親じゃないと言われて、実の母の家に戻されても、いきなり「お母さん」とは呼べないだろうし、その実の母親も、誘拐犯人が旦那の不倫相手じゃ、正気で育てることも難しいと思います。

井上真央もそんな心情をうまく演じていますし、永作博美も不倫相手の子どもと1日でも長く一緒にいたい、と言う心情が良く出ていました。でも、一番良いのは子役の渡邊このみちゃんでしょう。監督の成島出さんとプロデューサー石田雄治さんも、日活レポートの対談の中で触れています。ほんと、この子の演技なしにはこの仕上がりは無かったでしょう。難しい役を見事にこなしています。

皆さんも、DVDでと言わずに劇場へ足を運んでみませんか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆゆを迎えての「サブウェイ123 激突」試写会

ゆゆ
2009年9月4日(金)に全国ロードショー予定のアクション・サスペンス映画『サブウェイ123 激突』の試写会が、鉄道界のスーパーアイドル木村裕子ちゃん(ゆゆ)を迎えて、「スペースFS汐留」で行われました。CINEMA TOPICS ONLINE

この『サブウェイ123 激突』は、ニューヨークの地下鉄を舞台に、地下鉄ジャック犯と地下鉄運行システム司令室の職員の「頭脳」が激突する映画です。キャストは、司令室の職員・ウォルター・ガーパーに「デンゼル・ワシントン」、ジャック犯・ライダー
に「ジョン・トラボルタ」と豪華布陣。
この試写会に、我が木村裕子ちゃんがいつもの制服姿で登場。鉄道ネタで会場を沸かせていました。

地下鉄ジャックを描いた映画は、日本でもユースケ・サンタマリア主演で『交渉人 真下正義』がありましたね。これは、東京の地下鉄を、犯人に乗っ取られた実験車両が暴走する内容でした。この『サブウェイ123 激突』では、実際に犯人が走行している地下鉄をジャックして、しかも、先頭車両1両のみを切り離して停車させると言う内容です。

久しぶりにゆゆネタを書きました。すっかり有名人になってテレビやイベントに引っ張りだこの様子で、うれしい限りです。これからも、日本で、いや世界で唯一の「鉄道アイドル」として鉄道ファンを引っ張って行ってくださ~い。

■参考リンク
 『サブウェイ123 激突』公式サイト


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

1周年のお礼


2007年9月3日から始めたこのブログ、無事に1周年を迎えることが出来ました~。happy01

最初は何を書いて良いのやら、全く分からず、テーマもとりとめの無いものでしたが、最近は鉄道関連のニュースを主に、色々感じたことを書いています。

記事数も既に370件を超えて、平均1件/日ペースでやって行けています。

アクセス解析を見ると、1回限りでなく、何回も訪れていただいている人もいて、

こんなブログにお付き合い下さって、あらためて感謝いたします。´ω`)ノドモ

まだまだ続けていけるうちは、頑張って更新していこうと思っていますので、

これからも訪問してください。

また、コメントやトラックバックもどしどし下さい。よろしくお願いします。m(__)m

da_soku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み映画



いよいよ今日から恐怖の夏休み?!

子どもらが今日から封切りのポケモン映画を観たいって朝から勉強済ましたので朝8時に家を出て映画館へ。

去年のポケモン映画の時に、30分程前に行って満員で観れなかった経験があったので、今年は早く行きました。

「ポニョ」もあったので単純比較出来ないけど、8:10に映画館に着いて、前から8番目くらい。

8:30の開場と同時にチケット買ったけど、「早売」があったのですでに真ん中の列は満員!!

でも、端とはいえ、前後の真ん中くらいの席が取れました。

今頃、楽しんで観てるでしょう。

今度は「ポニョ」観に来ないといけないな?。

しかし、映画人気すごいですね?。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナイトスクープ20周年!

テレビが面白くなくなって久しいが、今でもビデオにとってほとんど必ず見ている番組が3本あります。

  • 痛快!明石家電視台
  • 探偵!ナイトスクープ
  • きらきらアフロ

  • 要するに、関西風のテレビ番組が好きなんですが(笑)。そのうち、探偵!ナイトスクープが番組開始から20周年を迎えた。asahi.com

    朝日新聞の立派な記事になるほど、20年を経ても視聴率20%を誇る番組で、見ていてほんとに面白いです。私は第1回から見ています。セットは今と変わらず、上岡龍太郎局長のもと、探偵は依頼ごとにドアから出てきて調査結果を紹介するスタイルだったように思います。
    不思議なことに、関西地域以外ではあまり視聴率は取れず、東京では、テレビ朝日ではなく東京メトロポリタンテレビがネットしています。
    上岡局長引退のあと、しばらく探偵による局長代行が続きましたが、新局長に番組の大ファンでもある西田敏行が就き、これで番組の奥行きがまたグッと深まったような気がします。
    これからも、笑い、感動、涙満載でテレビ界をリードしていって欲しいと思います。


    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    映画を見てきました

    映画「Life 天国で君に逢えたら」を見てきました。

    病気のどろどろした部分は、あまり表現して無くて、すごい、何か、生きるのに向かっていく映画でした。
    もうちょっと、泣ける映画かと思っていたけど、ちょっと違ってた。
    でも、十分満足する内容です。

    たまに、映画を見に行くのも良いですね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)