趣味

今月の時刻表~'13年8月号

Timetable1308

時刻表の見どころ紹介です。

東日本大震災や九州北部豪雨等自然災害の影響がまだまだ深く残っています。東北地方をはじめ、お出かけの際にはJR東日本のHP三陸鉄道JR九州のHPを始め、各鉄道・バス会社のHPなどで、最新の情報をお確かめの上お出かけください。

2013年8月号は、夏休み特別企画 東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”掲載号です。巻頭の特集記事で30周年を迎えた東京ディスニーリゾートを時刻表の観点から特集しています。もちろん、お盆の臨時列車も含む、9月までの臨時列車が掲載されています。

通常の特集記事は

ダイヤに輝く鉄おとめ ディズニーリゾートライン 野村春香さん

 

なお、来月(2013年9月号)は、8月24日発売予定です。

最後に、クイズコーナー(P1147)のヒント。これで完璧だぁ~
今月のクイズは新幹線の運転日に因んだクイズですね。
通常新幹線は、0:00~6:00は線路保守時間帯で営業列車が走ることはありません。でも、ヒントが載っていますので、黄色のページを参照だぁ~

わかったなかぁ~?

■こんな記事も


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の時刻表~'12年7月号

Timetable1207

時刻表の見どころ紹介です。

東日本大震災の影響がまだまだ深く残っています。東北地方をはじめ、お出かけの際にはJR東日本のHP三陸鉄道を始め、各鉄道・バス会社のHPなどで、最新の情報をお確かめの上お出かけください。

2012年7月号は、各地の花火大会や夏祭りの臨時列車を一挙掲載。巻頭では、山形新幹線開業20周年、秋田新幹線開業15周年を特集しています。ダイヤ情報は夏休み期間を含む、9月30日までの臨時列車の時刻も掲載されています。夏休みのお出かけにも必携の1冊です。

通常の特集記事は

ダイヤに輝く鉄おとめ 新幹線メンテナンス東海 小岩由真さん
のりもの探Q隊 ジェットフォイルの速さの仕組み迫る

となっています。

なお、来月(2012年8月号)は、7月20日発売予定です。

最後に、クイズコーナー(P1147)のヒント。これで完璧だぁ~
今月のクイズは駅名に関するクイズですね。
これは、駅の数が多いほど確率が高いですよねぇ。

わかったなかぁ~?

 

■こんな記事も


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バス路線ネット検索スタート

対応路線最近はネット検索や路線ソフトで事前に調べて出かける方も多いです。しかし、これらの検索では主に鉄道路線のみのサポートで路線バスは対応外の事が多々ありました。しかし、兵庫県は、県内の9割のバス路線についての路線検索サービスをスタートさせる。神戸新聞

対応ソフトは、「NAVITIME」「ジョルダン乗換案内」「駅すぱあと」の3ソフト。いずれも有料会員の登録が必要となるが、情報が少なく、判りづらかった路線バスが、気軽に利用できるようになる。

画像は、「NAVITIME」でのバス対応路線一覧です。県内ではこれだけコミバスが走っていたんですねぇ。
私自身は、古来から「駅すぱあと」ユーザーですが、ネット検索ではなく、路線検索ソフトとして独立している分、使い勝手はピカsun一ですね。
Rosenkensaku2 「駅すぱあと」では、現在でも兵庫県内の左の路線に対応済みで、路線検索後はダイヤも検索できます。

兵庫県内の路線なら、県内大部分を占める神姫バスと但馬地域の全但バスが導入されれば、ほぼ制覇出来ますね。

いずれにしても、バス路線は確かに使いにくく、利用するにも結構勇気がいるので、そういった心理面の不安を少しだけでも解消できれば良いと思います。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋ビール、中ジョッキと小ジョッキが量同じ?

Yahooを見ていたら、こんな気になる記事が…。

マジメに検証「居酒屋のビール、 中と小の量は同じ」は本当か?

Yahooニュースは程なく消えると思うので、元記事をどうぞ。

女性自身:マジメに検証「居酒屋のビール、 中と小の量は同じ」は本当か?

結果、店によりけりで、

 1.中ジョッキ>小ジョッキ
 2.中ジョッキ=小ジョッキ
 3.中ジョッキ<小ジョッキ

というすべてのパターンが存在する事が判りました。

もちろん、法令も定義もないので、何にも違反している事は無いんですが、2や3のパターンだと、小ジョッキを頼んだ方が割安になってしまいますねぇ。

店側としても、一番良く出る中ジョッキで稼ぎたい気持ちも判りますけど…。やはり、中ジョッキの量を少しでも多くしておいてもらわないと、客側からすれば、やるせない気持ちになって、気持ちよく酔えないですねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

485系新潟色

485系3000番台

3月11日、私は、近畿圏の大回り乗車をしていました。行程は、新大阪~草津~柘植~木津~四条畷~木津~大阪です。その時いろいろ写真を撮ったのですが、東日本大震災が発生し、アップする気になれず、放りぱなしにしていました。

震災から1ヶ月以上が経ち、ようやくアップする気になってきたので、順次アップしていきたいと思います。

九州新幹線開業式典新大阪駅では、次の日の九州新幹線開業、山陽~九州新幹線間の相互乗り入れの「みずほ」「さくら」の運転開始を記念した、式典の準備がなされていました。
もちろん、震災の影響で式典は中止になりましたが…。

新大阪駅を後に、京都へ向かいます。京都駅で物色するも、特に何もなかったので、琵琶湖線で草津へ向かおうと3番線に並んでいると、対する1番線に修学旅行団体が並んでいました。どんな列車がくるのかなぁと見ていると、上記の485系が入線してきました。京都駅の混雑を考えて、私は山科駅へ1駅移動。その山科駅で撮った写真です。

つづく…。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えゆく風景

183kitakinki

平成23年春の改正で、福知山線におそらく史上初めて、新型特急車両287系が導入されます。写真は道場~三田間。

写真の183系は、改正後も7編成が残りますが、いつまで残るのか時間の問題となってきました。特に愛称名が「こうのとり」に変わるため、「北近畿」としては、3月で見納めです。

また、朝の通勤用に発売されていた「北近畿号グリーンマイシート」が、新型287系では、グリーン席が少ないことから廃止されます。JR西日本
指定席サービスの「北近畿号マイシート」は引き続き「こうのとりマイシート」として発売されます。

朝の特急通勤需要は、結構あるんですねぇ。写真でも全車両は行っていませんが、北近畿2,4号は豪華7両編成で走っています。3月からは、白い車体の7両編成が見られるんでしょうね。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余部鉄橋にライブカメラ設置

P81700421 JR山陰本線、余部鉄橋は今年(平成22年)の秋の線路切り替えを目指して、急ピッチで架け替え工事が進んでいます。asahi.com。この余部鉄橋付近にライブカメラが設置されることになりました。日本海新聞

やっぱり、現地に行って“生”で見るのが一番いいんですが、何せ、電車で行っても、車で行っても神戸から3時間以上かかります。“今”の余部鉄橋をライブ配信してくれると、いつでも見ることが出来るので便利ですよね。3月中旬には設置、記事には書いてあったので、まもなく見られるようになるのでしょうね。楽しみです。


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルートレインが東京駅から消える

じわじわと情報が出ていましたが、2009年(平成21年)春のダイヤ改正の概要が判りました。東京駅発着で唯一残るブルートレイン「富士・はやぶさ」が廃止になるほか、大垣夜行・「ムーンライトながら」も季節列車化されます。asahi.comMSN産経ニュース47news、JR公式リリース(pdf):北海道、東日本東海西日本四国、九州。

これで、東京駅発着の夜行列車は「サンライズ出雲・瀬戸」のみになります。時代の流れとはいえ、寂しいですねぇ。新幹線網が発達してきて、速度・時間勝負では在来線はかなわないですから、寝台列車が生き残るには、トワイライトやカシオペアのような“豪華寝台”の方向へ行くか、サンライズのように全て個室にして、プライベート空間を確保するかしかないんでしょうかねぇ。

私が鉄道好きになったのも、家族旅行で長崎へ「あかつき」に乗って行ったのがきっかけ。それだけに、ブルートレインの廃止は、寂しいですね。

効率化ばかり求めていって、何かは判りませんが、大切なものを忘れてしまっているようで、ちょっと怖いです。

関連記事
 ・東京発着ブルートレイン全廃
 ・鉄道から骨髄移植まで: 東京発ブルートレイン引退へ
 ・さよなら寝台列車
 ・最後の昼行急行「つやま」廃止へ


鉄道のことなら鉄道コム↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスマニア増殖中

鉄道好きの「鉄ちゃん」は、最近ブームになって、ゆゆ(木村裕子ちゃん)のように、鉄道アイドルまで登場しています。
でも、その鉄ちゃんでもついて行けない程ディープな世界が「バスマニア」の世界です。その「バスマニア」が最近増えてきているらしいです。日経流通新聞8/15付(記事は8/17で消えると思います。)

趣味の感覚は、鉄ちゃんと共通するものがあると思いますが、バスになると同形式でも少し違うところがあるとか、かなり細かいのです。系統は、乗る・撮る・集めるとかがあるそうで、乗る・撮る派には、「営業所ツアー」奈留ものもあるそうです。
バスでいちばんに思いつくのは、“スルッとKANSAIバスまつり”があります。私が仕事上鉄道を担当していた頃、席の前はバス担当で、その人がそのバスまつりに行ってきて、「すごかった…」って言ってたのを思い出します。集める人はチョロQ何かを集めたりしていて、限定販売のものになると、早朝から列をなして並んで居るんだとか…。
後は、鉄ちゃんがメジャーになってきて嫌気がさしてバスマニアに乗り換える人も出てきているとか。鉄子ならぬバス子もいたりしてるようだし、バスの世界も鉄道のようにメジャーになっていくんでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余部鉄橋架替で小学生に出前講座

平成22年度(2010年)度の完成を目指して架替工事が行われている、JR山陰本線、余部鉄橋ですが、地元の小学生に対して、鉄橋の歴史や架け替え理由などの“県政出前講座”が開かれました。日本海新聞

明治45年(1912年)の建設から既に百年足らず、列車転落事故からも20年以上経ち、今まさに鉄橋が消えていこうとしています。その様子をいちばん間近で見ている子どもたちに、これらの歴史、背景などをしっかり伝えていくと言うのは、とても重要なことですね。
この余部小学校は、本当に鉄橋のすぐそばにあり、鉄橋の写真にも良く写り込んでいる小学校です。利活用検討会をやっていても、たまたま居合わせた子どもたちは、持ち込んだ模型を見て興味津々でした。鉄橋の姿を知っている最後の世代として、子どもの視点で、また20年後には中心世代として新橋を活用した町の活性化を考えてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)